透析治療

透析治療

このカテゴリでは透析治療の情報をまとめました。在宅透析、透析治療と寿命、シャント、糖尿病性腎不全と透析について情報を収集しましょう。

透析治療記事一覧

透析治療は患者の身体だけではなく、時間的にも大きな負担を掛けてしまいます。最近では夜間の透析治療を行っている病院もありますが、働きながら透析治療を受けたい方にとっては不便な環境です。このような透析治療の負担を軽減したいのであれば、在宅透析を検討してみましょう。在宅透析は腹膜透析(PD)と在宅血液透析(HHD)の二種類です。腹膜透析は在宅透析の中ではメジャーですが、全国28万人の透析患者数のうち1万...

一般的に人工透析治療を行うと、余命(寿命)が短くなると言われています。中には透析治療を始めてから余命10年と宣告されるケースもあるようです。全ての透析治療が寿命を縮めるわけではありませんが、身体に掛かる負担は少なくありません。透析治療とは衰えた腎機能を外部の機械で強制的に行うため、身体に大きな負担を掛けてしまいます。健康な腎臓機能であれば週に168時間かけて身体浄化を行うのですが、透析治療は外部の...

透析治療を行う際には、1分間に150mlもの血液を外部の機械へ循環させなくてはなりません。そのため一般的な採血などに針を刺す静脈だけでは充分な血液を外部へ流出させることはできず、専用の血液の取り出し口が必要です。この取り出し口として使用するのがシャントです。シャントは利き腕とは反対側に作ります。静脈と動脈を繋ぎ合わせる手術が必要ですが、大抵の病院では日帰り入院で済ませられます。麻酔も局部麻酔だけで...

糖尿病性腎不全を発症した場合、透析治療を開始することがあります。ただし糖尿病性腎不全は生存率が非常に低く、平均余命は5〜10年と言われています。このように糖尿病性腎不全は生命に大きな脅威を及ぼす病気であり、透析治療といえども万能ではありません。糖尿病性腎不全の完治が難しいのは、性質が正反対の治療を必要とするためです。まず腎不全は高カロリー・低たんぱくの食事療法と運動制限による治療が必要になります。...

Sponsored link


page top